婦人

どうしても解消したい顔のたるみ【治療法&予防法をチェック】

顔のアンチエイジング

ドクターとナース

リフトアップと糸の挿入

顔のたるみを治療するにはリフトアップ手術が基本になります。額やこめかみの生え際を切開し、たるみの目立つ皮膚を吊り上げて縫い合わせる治療法です。このとき、どの深さまで手術するかが問題になります。表皮だけを吊り上げるのは簡単ですが、効果が薄く後戻りする可能性があります。筋膜や筋肉まで吊り上げると効果が高い反面、手術は難しくなります。目的や好みに応じて、医師と相談の上で決定する必要があります。日本人は西洋人に比べて頬骨が張っているため、リフトアップ手術の効果が現れにくいと言われています。またリフトアップ手術には傷跡が残るという欠点があります。生え際なので目立ちませんが、アップの髪型にはしにくいでしょう。それでも他の方法に比べれば、たるみの解消にはっきりした効果が実感できる手術と言えます。皮膚の下に糸を入れて持ち上げるのは、リフトアップ手術よりもリスクが少ない治療法です。ただの糸では後戻りする可能性が大きいので、ギザギザがついていたりバネ状になっていたりして、効果の長続きする糸が開発されています。何本の糸をどこに入れるか、まっすぐ入れるか交差させて入れるかなど、クリニックによって治療法は異なります。

より低リスクの方法

糸を使ってたるみを解消する方法は、ダウンタイムが短く安全性が高いのがメリットです。ただし糸が劣化して、後戻りすることもあります。最近の糸は耐久力が高くなっているので、持続時間については美容外科で訪ねてみると良いでしょう。さらにリスクが少ない方法としては、照射系の治療やヒアルロン酸注入などがあります。照射系の治療はレーザーや高周波などで真皮の線維芽細胞に刺激を与え、細胞分裂を促して肌のハリを取り戻す方法です。傷跡が残らずダウンタイムもほとんどなく、体への負担は軽くなります。ただし効果を実感するには、何回か続けて施術を受ける必要があります。たるみの解消というより、肌そのものを若返らせたい方に向いた治療法です。ヒアルロン酸注入は凹んだ部分にボリュームを出すことで、シワを目立たなくする治療法です。膨らんだ部分に脂肪吸引を行なって、微調節することもできます。たるみ自体をなくすことはできませんが、シワが目立たなくなれば、顔全体を若く見せることができます。やはり体への負担が軽いという特徴があります。一般にリスクが少ない方法ほど、効果は長く続かないのが普通です。施術のために取れる時間や費用も考慮して、最も適切な方法を選びましょう。